体は温めましょう

冷えが悪影響に

体が冷えると筋肉も収縮気味になりますし、それと同時に血管も同じ影響が出ていきます。

そのため血行が悪くなったりリンパの流れまで滞ってきます。冷えは手足などの末端だけで起こっているのではありません。

冷たい飲み物が好きな方は、内臓から冷やしてしまっています。内臓の動きによって生命の維持をしていますので、脳は内臓から先に温めて、手足の温度を保つのは後回しにしようとします。

冷えてしまった手足では血管が収縮しているだけではなく、温度を保つための血液の流れも良くない状態になりますね。

血管とリンパ管は並んでいるため、受ける影響が同じになります。足のむくみには、このようなダブルのダメージが出て、冷えから足のむくみが悪化する事になるのです。

今は夏でもオフィスはエアコンで快適ですが、これもジワジワと体を冷やしてしまいます。また食べ物でも体を冷やすタイプのものがあるので、選んで食べるようにしたいですね。

効果的な温め方

効果的に体を温めるのに、どのような方法があるでしょう?お風呂に入るとか体を動かす、カイロなど温熱効果のあるものを身に付ける、暖かい服装をするというのが一般的ですね。

毎日、お風呂に浸かる時間がなければ、シャワーでも効果的な温め方があります。首や手首、足首は血管が皮膚表面に近くて温めやすくなっています。

少しシャワーのお湯の温度を当てて5分位かけると効果が高いですね。足がむくんでいますので、リンパ節のある股関節や膝裏も充分に温めましょう。

カイロなどの温熱器具も場所を選んで使うと温まりやすいです。足湯をするだけでも、むくみは少し楽になりますよ。

また、ホットドリンクも選び方によって便利ですね。冷え性の女性はショウガをいれたドリンクの使い方が上手です。

お湯にショウガやはちみつを入れて飲むだけでも良いですが、体を冷やすような野菜をサラダで食べるなら、生姜入りのドレッシングをかけると冷えで血行を悪くしにくいですね。

余分な水分を出してしまうのがポイント
↓↓↓↓↓


むくみ解消サプリメント「めぐりゆく」

このページの先頭へ