バスタイムを有効に

湯船でマッサージ

バスタイムは体を温めることが出来ますので、湯船に浸かるようにしてください。

シャワーのほうが簡単ですが、血行を促進するほど温まることが出来ませんね。

湯船に浸かることで、体が温まって血液やリンパの流れを改善できますし、この時にふくらはぎのマッサージをすると効果アップしますよ。

筋肉のコリを取って、リラックスできますので、ストレスの影響を減らすことになるでしょう。

ご紹介したマッサージローラーは、湯船に浸かっている時やお風呂あがりの温まった体に使いましょう。

血管が拡張している時に、揉むほぐすのは足のむくみを解消しやすくします。

せっかく温まっても冷たい床につけてしまうと、また血行不良になりますので、お気に入りのソックスやルームシュースで保温できるようにしましょう。

寝るまでの時間でも、冬場ならブランケットをかけておくなど、足も湯冷めしないように気を配ってください。

なぜ効果が上がるの?

湯船に浸かると、じっくりと体を温めていきます。体温が上がると血管が拡張するのと、リラックスをすると副交感神経が活発になって、血管を広げる効果を出します。

この2つが血行を促進していきますので、足のむくみを解消しますね。

また、筋肉が疲れで固まっていると、これも血管を細くしてしまいます。筋肉をほぐして柔らかくすることも必要ですね。

座り仕事でも立ち仕事でも、かなり重力を感じて、体がこわばっていきますので、湯船の中で少し浮力がかかる感じが一層リラックスさせると言われます。

入浴剤で体を癒やすことも出来ますし、好きな香りにすることでリラックス効果を高めます。

ストレスも足のむくみを悪化させますので、バスタイムで足のむくみを解消するのは良い方法だと考えられるでしょう。

毎日は時間が取れない場合も、週末だけはお風呂でゆっくりするようにしましょう。のぼせやすい方もいますので、半身浴をするなど工夫してみましょう。

余分な水分を出してしまうのがポイント
↓↓↓↓↓


むくみ解消サプリメント「めぐりゆく」

このページの先頭へ