漢方で改善しましょう

漢方は効き目が遅い?

利用者が多くなっている漢方薬ですが、足のむくみにも効果を発揮します。

ただ、漢方薬は相性の確認や効果の実感に時間がかかってしまうのがデメリットだと言われますね。

医薬品のように即効性のあるものは副作用が付き物です。しかし、緩やかに降下の出てくる漢方薬は副作用があまりないので、体に優しいところはメリットでしょう。

対処療法的に改善するのではなく、根本的な原因に働きかけていきますので、体質まで変わってくると思って構わないでしょう。

保険適用で購入できる環境が整ってきていますので、ゆっくり時間をかけて漢方薬を利用し、足のむくみを改善することも検討してみてはいかがでしょうか?

考え方が西洋医学、つまり病院で受ける治療や投薬への考え方と、根本的に違います。出来れば信頼できる漢方医を探して、必要な漢方薬を選んでもらうのが理想的でしょう。病院勤務の漢方医もいますよ。

オススメの漢方薬は

それでは、足のむくみに効果的な漢方薬の種類をご紹介しましょう。五苓散は腎疾患のネフローゼや、それに関わって出るむくみに効果的です。

二日酔いになりやすく喉が渇くタイプのむくみにも良いですよ。八味丸や牛車腎気丸は下半身に痛みがあったり腰痛を持っていて足のむくみが出ている方に向いていますね。

ひざ下が特にむくむ場合に最適なのは、この漢方薬だと思って構わないでしょう。

牛車腎気丸の方が強い浮腫に対応できます。防己黄耆湯は、ネフローゼや腎炎、多汗症を伴うむくみに効果が高いでしょう。

頻尿を感じる場合にも対応しています。ここでは数種類しかご紹介しませんでしたが、漢方医では細かな状況に対応できる知識を持っています。

毎日3食のタイミングで服用します。体調の変化など不安があっても漢方医と相談しながら調整することが出来ます。

長く付き合うものなので、漢方医の人柄も大事なところでしょう。丁寧な説明ができるかどうかで判断しやすいですね。

余分な水分を出してしまうのがポイント
↓↓↓↓↓


むくみ解消サプリメント「めぐりゆく」

このページの先頭へ