肝臓の疾患がある?

原因として

肝臓は私達の体で解毒作用をしたり新陳代謝や体液が同じ状態であるように調整をする臓器です。

血液の中のアルブミン調整もしています。このアルブミンというのはタンパク質なのですが、水を引きつける効果を持っています。

血液中にアルブミンがあることで、血管から水分が出て行くことを抑えていますが、肝臓からアルブミンが出なくなることで、水分が血管の外に出て細胞がブヨブヨに水分を吸ってしまうというイメージです。

肝臓はアルコールを分解する機能もありますので、飲酒の習慣があると、肝臓にドンドン負担をかけていきます。

肝臓が弱ってしまうと、様々な機能も十分に働かなくなりますので、アルブミンの調整も出来ない状態になりますね。

このようにして肝臓の疾患から、足などのむくみにつながっていくのです。脂肪分の大猪諸クジをすることが多い方でも、脂肪の分解で肝臓が疲弊していきます。

自覚症状として

肝臓疾患からくる足のむくみには、どういった自覚症状があるのでしょうか?まず、基本的な問題として肝臓病からくるむくみは全身に出るものだと思ってください。

それから、肝臓疾患の特徴として皮膚の黄疸が見られるようになりますね。

ひどい場合には意識障害や腹水などの問題も出やすくなります。お酒を飲み過ぎた翌日は、起きた時に顔が浮腫んでいることもあると思います。

これは肝臓の疲れが最も分かりやすい状態です。肝臓の機能が追いつかないほど飲んだという証拠ですね。

このようなむくみが一時的な場合は、それほど大きな問題では無いのですが、継続した場合には検査を受け意思の診断を聞いてくるようにしましょう。

検査としては血液検査が一般的です。γ-GTPやGOT、GPTなどのチェックをして範囲内なのかを確認していきます。

必要に応じた治療を行いながら、足のむくみに関しても経過観察をしていくことになるでしょう。飲酒に関しての見直しも迫られるようになります。

当サイト一番人気記事
【足のむくみ解消法】検証!足を細くする1番の方法は?浮腫み取りはサプリが最適?

このページの先頭へ