仕事中もこまめなケア

軽い運動をする

立ち仕事やデスクワークでも合間を見て運動すると足のむくみは楽になります。

立ち仕事の場合は、その場で転ばないようにしながら、カカトをつけて爪先だけ上下させると、ふくらはぎが張ったり緩んだりするのがわかると思います。

これも筋力アップやポンポ機能をサポートしますので、便利な方法です。爪先立ちになっているのも効果的ですね。

座り仕事の方は、足がデスクで隠れますので、運動はしやすいですよ。座ったままでも爪先立ちのようにしていたり、カカトの上下をしてください。

その他には、両足を浮かせて、足を交互にパタパタとするように動かすとか、足首を回すと足の周りは改善しやすくなりますね。

両足を浮かせる運動では、腹筋にも力が入るので、ダイエットにも向いていると思います。

足を組んで座る方は、普通に座っているよりも、足のむくみが辛くなるので組まないように気をつけてください。

姿勢を変更する

同じ姿勢でいるのが足のむくみをひどくしていきますので、姿勢を変えるということも大事です。

座ったままの方なら、2~3時間程度、仕事に集中してしまうことがありますね。出来れば1時間に1回5分程度で構いませんので、立ち上がるようにしましょう。

その場で出来なければ、トイレでも構わないので、鼠径部をさすると血液やリンパの流れを良くしていきます。

足の付根の他にヒップでも流れが滞っているので、マッサージまでしなくても擦っていれば流れを良く出来ますよ。

立ち仕事の方は、中々姿勢を変えるのも難しいでしょうが、しゃがみこんだりするだけで、ポンプを刺激することにはなります。

休憩の時だけでも、足を下から上に向けて擦っておくと少しは楽になります。

立ち仕事や座り仕事でも、両足で30回の足踏みが出来ると、足のむくみの改善と、筋力アップで緩和できるようになりますね。仕事中に多い姿勢と逆のことをすると、足のむくみには効果的です。

余分な水分を出してしまうのがポイント
↓↓↓↓↓


むくみ解消サプリメント「めぐりゆく」

このページの先頭へ