血管を縮める原因がある

喫煙の習慣で

足がむくむ原因で喫煙が関わっているのは分かりにくいですね。足元に血液やリンパ液が溜まって足のむくみが出ますが、血管が細くなってしまうと血液も通りにくくなりますね。

タバコには血管を縮める作用があるので、体の巡りを悪くしてしまうのです。

立ち仕事や座り仕事でも、ある程度、ふくらはぎのポンプ機能が正常だと、それほどツライむくみにはならないでしょう。

ところが、仮にポンプ機能が正常でも、血管が細くなっていると贈ることの出来る血液量が減っていきます。

心臓に向けて戻す血液も少なくなりますので、足元に溜まって、むくみが出るというメカニズムですね。

血行が阻害されると、堅田の温度も全体的に下がっていきます。冷えに繋がり、一層、足のむくみを悪化させていきますよ。

悪循環を招くものでもありますので、喫煙に関しては考えなおした方が良いでしょう。

女性には美容の問題も出ますので、喫煙をストレス発散にはしないようにしてください。

ストレスが良くない

ストレスが溜まるのも、足のむくみの原因になります。ストレス解消を喫煙でする方もいますが、あまり効果はないものです。

喫煙をしても実際のところストレスの原因がなくなるのではありませんから、百害あって一利なしと言っても構わないでしょう。

確かに、タバコを吸っている方が禁煙することで、イライラを感じる事はありますが、「タバコでストレスが解消できる」という気持ちの面での依存があるからです。

女性が吸うことの多いメントールたばこは、ほんの少しですが麻酔効果があるようです。

そのため体の機能低下がわずかでもあると考えていいですね。足のむくみの原因が全て喫煙にあるということではありません。

出来るだけ原因になるものを取り除けると良いですねというお話ですよ。

ストレスを受けることで、体は攻撃に備えるようになり、これだけでも血管が収縮する影響を受けています。

プラスして喫煙で血行を阻害するのは、足のむくみにもよくありませんよね。

当サイト一番人気記事
【足のむくみ解消法】検証!足を細くする1番の方法は?浮腫み取りはサプリが最適?

このページの先頭へ