妊娠中の足のむくみがツライなら

多くの妊婦さんが悩んでいる

妊娠すると足のむくみに悩む方が多いですね。特に足の甲がむくんで靴が入らない何ていう悩みがあるのではないでしょうか?

比較的、臨月に足のむくみを感じる方が多かったのですが、最近では冷え性の女性が多くなったせいか、安定期でも足がむくんでツライようです。

妊婦さんの足のむくみは、他の場合と少し理由が異なっています。血液の中の水分が増加して、女性ホルモンのエストロゲンが皮下組織に水を貯めようとしてしまうんですね。

妊娠していますから、骨盤の中には赤ちゃんがいて圧迫されますので、血液やリンパの流れも悪くなる状態なのです。

若い妊婦さんでも足はむくみますが、いわゆる高齢出産に該当する年齢の妊婦さんは、より足のむくみを感じるようになります。

妊娠している時は、あまり動き回りませんので運動不足から足のむくみを感じる場合もあります。お腹に差し障りのない運動は取り入れたほうが良いですね。

あまり心配しないで!

妊娠していると精神的に不安定な部分があります。そのためご自分の体に起こる小さな変化でも、「何か病気じゃないかしら?」と心配をする方が多いですね。

もちろん、小さな変化でも医師に相談しながら出産までの期間を過ごすのは大切なことです。ただ、無闇に不安感だけ増していくのは、お腹の赤ちゃんにも良くありませんね。

妊婦さんが出来る足のむくみの改善方法もたくさんありますので、導入しながら改善していきましょう。

まず、妊娠している時には足の甲を中心としてむくむものですし、何か別の異変を感じるようなら、定期検診で産科医に相談するようにしましょう。

妊婦さんにも赤ちゃんにも、影響の出ない検査方法を選べますし、改善方法でも安全な歩法が使えるようになっています。

出来るだけ心の穏やかな生活が必要な時期ですから、一人で不安を抱え込まないようにしていきましょう。

アロマトリートメントをするときだけ妊婦さんにはオススメ出来ない精油もあるので注意しましょう。

当サイト一番人気記事
【足のむくみ解消法】検証!足を細くする1番の方法は?浮腫み取りはサプリが最適?

このページの先頭へ