水分量は減らすの?

飲んでも大丈夫な飲み物

足のむくみでは、余計な水分があるからと言って、飲み物の量を減らす方がいますね。

実は体に必要な最低限の水分もありますので、飲み方やタイミングなども考えて使いましょう。

ミネラルウォーターでも食後の3時間以内や寝る前に飲まないことを意識しましょう。

一般的には1日2リットル飲みましょうと言われますが、食事で摂れる水分がありますので、1.5リットル前後で構いませんね。

かなり足のむくみがヒドイ時は、1日にコップ4杯程度の水分があれば、改善しやすくなるようです。

冷えから足のむくみが来ている場合は、冷水を飲まずに常温に戻してから飲むことを意識してください。

朝、起床したばかりの時は白湯を飲むことで体を温めて、排尿を呼ぶようです。水分摂取を極端に控えてしまうと、体は脱水を感じてより水分を貯めようとする働きが出てしまいます。

適量は飲まなくてはいけないものと思ってください。

飲まない方がいい飲み物

カフェインの入っている飲み物は、普段から利用している方が多いですね。

特にコーヒーや紅茶は飲む頻度も高いと思います。絶対に飲んではいけないものではありませんが、かなり利尿効果が高いので、必要な水分まで失われると思った方が良いでしょう。

日本茶も同じくカフェインが入っているので、少量を楽しんでください。冷たい飲み物は体を芯から冷やして血行不良になりやすいです。そうすると足のむくみは悪化しやすい状態になりますよ。

スポーツジムに言った後、スポーツドリンクをがぶ飲みする方もいますが良くありませんね。

ミネラルバランスがいいとなっていますが、塩分を摂り過ぎる可能性が高くむくみに繋がっていきます。

フルーツジュースは果物のカリウムが摂取できそうですが、ジュースではカリウムの摂取にならないことが多く、逆に糖分が多すぎるのでオススメ出来ない飲み物となっています。

果汁のパーセンテージとは関連がないので、必要以上に飲まなくていいでしょう。

当サイト一番人気記事
【足のむくみ解消法】検証!足を細くする1番の方法は?浮腫み取りはサプリが最適?

このページの先頭へ