ストレスの解消

リラックスしたほうがいい理由

リラックスをしている時には、副交感神経というものが働いています。その反対の緊張状態では交感神経が働きますね。

これらがバランスよく働くことで私たちは健康状態を保っています。交感神経が活発な時は、血管が収縮したり、筋肉もこわばるなどの状態が出ます。

それによって、何かが起こっても動きやすいようになっていますが、足のむくみには良くないコンディションですね。

副交感神経が活発だと、血管の拡張があったり、筋肉も弛緩させることが出来て、血行を促進できます。

交感神経も副交感神経もかたよることがあってはいけませんが、ストレスが多いと交感神経寄りという状態になりやすいですよ。

意識的にストレスの解消をしてリラックスするように心がけると、足のむくみも改善しやすくなりますね。

足のむくみに軽い運動がいいのも副交感神経を活発にする効果があるので相乗効果を実感しやすいでしょう。

様々なストレス解消を

ストレスを解消する方法がたくさんありますので、ご自分の好みのものから選ぶようにしてください。

ただし、喫煙や飲酒は出来るだけ避けてください。足のむくみには良くありませんよ。お風呂に入るのはリラックスと保温効果での血行促進が出来ますね。

この時間を利用してマッサージも出来ますので、足のむくみを改善するには役立ちます。

体をほぐすストレッチも寝る前にすると、睡眠の質を良くして、体も温めますから、足のむくみには良い効果があると思って良いでしょう。

足のむくみを解消する方法を組み合わせてみると、ストレス解消と似たような方法が多くなっています。

普通は、何かの改善に対して複数の方法を一度に使うのは負担になりますが、ストレス解消と足のむくみは、まとめて対処しやすいですね。

ストレスの解消からはじめても、結果的には足のむくみに効果を出せます。ストレスが強い場合は、無理に「~しなければ」と思わなくて構いませんよ。

余分な水分を出してしまうのがポイント
↓↓↓↓↓


むくみ解消サプリメント「めぐりゆく」

このページの先頭へ