食事での問題点

塩分が多すぎるので

足のむくみに悩んでいる方は、塩分の多い食事をしている傾向があります。

体の中に塩分が多い時は、水分も排泄されにくく貯めるようになります。

元々、足のむくみに悩んでいるなら、さらに酷くむくみますね。また、しょっぱいものを食べると喉が渇く感じがしますね。

そうすると余計に水分を摂るようになるので、必然的に体内の水分量が増加してしまいます。

体の中にはミネラルバランスがあって、塩分が多い時には薄めるためにも水分を体に留めておく必要があるのです。

味の好みは簡単に変えられませんが、こういったことが足のむくみの理由になっていることは知っていたほうがいいですね。

現代の日本人の食事は塩分が多すぎると言われます。1日の塩分量は6~7g程度までと言われますが、それ以上に摂取しているものですよ。

逆を考えるなら、体内の塩分濃度が下がれば、水分を排泄しやすくなるということですね。

血液がドロドロ?

篠生分の大猪諸クジにも心あたりがあるのではないでしょうか?脂肪分が直接、足のむくみに関係があるということではありませんね。

まず、体の外に排泄しきれない脂肪分は血液のナガに入り込んでいきます。血液はドロドロの状態になるので、血行不良の原因になりますね。

血液の流れが悪くなると、足に溜まっていきますし、ふくらはぎのポンプ機能だけでは循環させられなくなっていくでしょう。

また、血液の中の脂肪分は、血管の中に付着して、ドロドロで流れにくい血液を、更に流れにくい状態にしていきます。

このような悪循環から足のむくみが悪化していきますね。老廃物が排出出来ませんので、体だけではなく血管も老化していきます。

もろくなるので、他の健康問題にも繋がりますよ。塩分にしても脂肪分にしても、過剰に摂取していると足のむくみを初めとして、様々な疾病も引き起こす可能性を上げてしまいます。

女性の悩みである肌トラブルにも直結しますよ。

当サイト一番人気記事
【足のむくみ解消法】検証!足を細くする1番の方法は?浮腫み取りはサプリが最適?

このページの先頭へ