食生活での改善

塩分や脂肪分のコントロール

足のむくみは食生活の改善も効果的ですね。塩分の多い食事をする方は、体の中にも塩分残存料が多くなりますので、健康状態が悪くなりがちですね。

そして残っている塩分は水分を引き寄せてしまうので、足のむくみも出やすいでしょう。

また、腎臓への負担が大きくなって、腎臓疾患が出始めると、これも足のむくみを出します。

出来れば塩分の1日摂取量を超えないように注意しましょう。また脂肪の多い食事を好む方にも改善が必要です。

体の中に余分な脂肪分があると、血液の中に入り込んでしまいます。これが血液をドロドロにして血行不良を起こすので、食事での脂肪分量も減らしていきます。

年令や性別によって、1日に摂取する上限が決まっていますので、少なくともそれは超えないと意識していってください。

ただ、塩分抜き・脂肪分抜きの食事なら、足のむくみなど問題が出ないのかというと、そうではありませんね。

バランスや成分を考えよう

食事で注意されるのはバランスです。塩分と脂肪分を抜けば大丈夫ということではなく、最低限の必要量は食べないと健康状態が崩れます。

こういった各種の成分が一定量あることで、私達の体は維持されています。例えば、脂肪分を徹底的に取り除いた食事を続けていったとしましょう。

そうすると体の中で潤滑油になる成分がなくなりますので、便秘になることもあります。腸の中で便の滑りが悪いと排便しにくい状態になるんですね。

足のむくみが少し楽になったとしても、今度は便秘でお腹がポッコリし始めて悩むかもしれませんよ。塩分も体の中になくなってくると、イオンバランスが崩れます。

この状態で水分も足りなくなれば、熱中症と同じように脱水症状を作りかねません。

何かの成分が足のむくみの原因になったら、それだけ減らせば治るということではないので、全体的なバランスから検討し始めてください。偏りがあるから調子が悪いものなのです。

余分な水分を出してしまうのがポイント
↓↓↓↓↓


むくみ解消サプリメント「めぐりゆく」

このページの先頭へ