立ち仕事が続く人の場合

重力で体液が下がるため

立ち仕事をしている方は、足のむくみに悩みますね。体にも重力がかかりますので、血液やリンパ液などは、下の方向、つまり足の方に下がっていってしまうのです。

しゃがんだりすることも少ないでしょうし、足に血液やリンパ液が下がったままになってしまうでしょう。

看護師のように動きの激しい仕事でも、足がむくみやすいため、動いていると問題ないということではありませんね。

仕事によっては、トイレにいく時間があまりないので水分補給をしていない人もいるでしょう。

水分でむくむと思っている方も多いのですが、水分量が減っても、体はむくんでしまいますね。

足も同じことが言えます。重力で下の方に貯まると、体の巡りが悪くなるため、これが原因で下半身太りになるという話もありますよ。

ちょっとした合間に出来る改善方法などを活用して、足のむくみを楽にしていきましょう。

ふくらはぎのポンプ機能が?

ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われています。重力をなくすことは出来ませんが、体の機能として血液の滞りを出すわけにはいきませんね。

下の方に行った血液やリンパ液を押し戻すのに、ふくらはぎの筋肉がポンプのような役割をしているのです。

しかし、ふくらはぎの筋力が落ちてくると、このポンプ機能が充分ではなくなっていきます。足から押し戻せなくなって、むくみが出てきてしまうのです。

特に女性は筋肉量が少ないので、ふくらはぎのポンプ力が低下しやすいですね。立ち仕事でも同じような姿勢で立っていると、あまり筋肉を使いませんので、弱ってくることがあります。

定期的な運動を取り入れていくなど改善方法を考えていく必要がありますね。パンプスやヒールの高い靴を履いていてもサイズの問題があると圧迫されて良くありませんよ。

足がむくむと痛みを感じることがあって、仕事をしていても非常に不快感があるでしょう。歩いていると脚のむくみが出にくいですが、ウロウロ歩ける仕事ばかりではありません。

当サイト一番人気記事
【足のむくみ解消法】検証!足を細くする1番の方法は?浮腫み取りはサプリが最適?

このページの先頭へ